ハイパーボルトとラプターの違いを解説。どっちがおすすめ?

ハイパーボルト

「ハイパーボルト」、「ラプター」って何?! と思われる方もまだまだ多いと思います。

ハイパーボルト、ラプターは、海外ではもう既に有名で、トップアスリート、スポーツトレーナーなど多くの方々が使用しています。日本でも徐々にですが、アスリート内で話題になっています。

今回は、ハイパーボルトとラプターの違いについてご紹介します。

ハイパーボルト(HYPERVOLT)の特徴

ハイパーボルト(HYPERVOLT)は、3段階(毎分最大3,200回まで)の強力な振動によって、筋肉のケア(筋膜リリースやマッサージなど)が可能です。

このハイパーボルトは、筋肉の知識があるトレーナーや施術者だけに限らず、知識が全くない方も使用できます。また軽量で使いやすいので、持ち運んでの使用も可能です。

ヘッド部分は5種類あり、治療の目的、治療部位によって変えることができます。幅広い治療が可能となるので、多くの方に愛されている商品です。

特徴①|軽量のため使いやすい

今までの筋膜リリースができる機器は重い物が多かったのですが、ハイパーボルトは片手で使える1.5kgの軽量型です。軽いので女性はもちろん、高齢者の方でも使用できます。

特徴②|簡単操作!

5種類のアタッチメントと3段階の振動調節をするだけでOK。筋膜リリースなどをしたことがない人でも使いやすく、専門知識がなくても使用できます。

特徴③|どこでも使える!

持ち運びに便利なコードレス式。1回の充電で、最大3時間まで連続使用できる優れものです。また可動時の騒音を極限まで制御しているので、使用する場所を選びません。

ラプター(RAPTOR)の特徴

ラプター(RAPTOR)の特徴はなんといっても深層筋にまで到達し、深層筋に直接アプローチできることです。通常の機器は、主に表層筋(表の筋肉)をほぐすものが多いのですが、ラプターは手で触れることがなかなかできない、奥深くにある筋肉に刺激を入れることが可能です。

ラプターを使用する人は、筋肉のことを知っているトレーナーや施術者が主に使用することになります。短時間で効果的な治療を施すことができ、人の手ではできないことを、このラプターは可能にしてくれます。

特徴①|深層筋まで届く!

通常、深層筋は手で触察することができません。それは表層筋という表にある筋肉があるからです。しかしラプターはその深層筋に直接刺激を与えることが可能です。

特徴②|エキスパートしか使用できない!

ラプターは、より筋肉に詳しい人間のみが持つことを許される機器です。筋肉のことを知っている人でなければ、効果はあまり上がりません。

ハイパーボルトとラプターの違い

違い①|刺激の到達距離

ハイパーボルトは主に表層筋がメイン、ラプターは深層筋にまで到達します。
また、ハイパーボルトは3段階、ラプターは6段階の衝撃レベルがあります。

違い②|使用者の限定

ハイパーボルトはトレーナーなども使用できますし、知識がない方にも使用可能です。またセルフで使用できます。
ラプターは、短時間に効率的に効果を上げれる機器なので、トレーナーや理学療法士など筋肉への知識がある方に限定されます。

違い③|値段

ハイパーボルトは、55,500円(税抜)。一方、ラプターは約55万円(税抜き)です。ハイパーボルトも高額ではありますが、ラプターはそのさらに上をいきます。

高性能なため、値段も張りますが、個人で使うのは中々ハードルが高いですね。

ハイパーボルトとラプターはどちらが良い?

一般の方におすすめなのはハイパーボルト!

ハイパーボルトは手軽に持ち運んでケアが可能であり、専門的知識があまり必要ありません。値段もラプターに比べ、安いのでお買い求めしやすくなっています。

ハイパーボルトを購入する

専門家の方はラプター

ラプターは、ハイパーボルトでは手が届かない部分までケアすることができます。また、ハイパーボルトとは違い、専門的知識が必要になるアイテムで、知識者が使用すれば、高い効果を発揮することが可能。

満足度が高くなること間違いなしです。